シェイクダウンを行いました!

みなさん、こんにちは。

パワートレイン班 2年の西川です。

4月23日(土)に、今年度車両のシェイクダウンを行いました。

3月の接地式から約1ヶ月間、日程を意識して車両製作に取り組み、予定通りの日程でシェイクダウンを迎えることが出来ました。

走行では、お世話になっている先生方、先輩方、また、新たに加わる1年生たちに、私たちが製作してきた車両が走る姿を見ていただきました。

シェイクダウンを無事に迎えることができたことは、スポンサー様方のご支援があってのものだと感じております。車両の完成がゴールではなく、大会での完走に向けた問題点の解決やセッティングなども残っています。
また、今年度は例年よりも早い時期にシェイクダウンを迎えたことにより練習走行を多く行うことができる為、万全の体制で大会に臨むことができるようにしたいです。

ここからがスタートラインという自覚を持ちながら今後も気を抜かず、車両の完成度を高めて参ります。

今後とも弊チームを何卒よろしくお願いいたします。

接地式を行いました!

フレーム班4年の梶原です。

更新が遅れて申し訳ございません。

3月19日に接地式を迎えることができました。
接地式は機械工学棟で行い、日頃からお世話になっている先生方に今年度車両をお披露目いたしました。
21年度は進捗管理ができておらず、車両製作や静的資料の作成が遅れてしまい、記録会までに十分な走行が行えなかったり提出物の遅れにつながったりしました。今年度はチームみんなで日程を意識し、進捗管理を徹底しようと決め車両製作を進めて参りました。その結果、当初予定していた日に接地式を迎えることができました。
予定通り接地式を迎えられましたのも、日頃よりお力添えをいただいている皆様のおかげです。

現在はシェイクダウンに向け車両を製作しております。
シェイクダウンも予定通りに迎えられるよう、日程を意識しチーム一丸となって活動して参ります。

今後とも弊チームをよろしくお願いいたします。

シェイクダウンを行いました!

みなさん、こんにちは。

パワートレイン班 3年の北山です。

更新が遅れてしまい、申し訳ございません。

5月29日(土)に、今年度車両のシェイクダウンを行うことが出来ました。

予定されていた期日から一週間ほど遅れてしまいましたが、様々な問題が起こりながらも、車両を完成させることができました。

今年度車両は、今後の軽量化に向けたサスペンション設計や、タイヤサイズの小径化など、主に車両のサスペンションユニットの変更点があります。

走行では、お世話になった先生方、OBの先輩方、また、新たに加わる一年生達に、私達が製作してきた車両の走る姿を見ていただきました。

シェイクダウンを無事に迎えることができたことは、スポンサー様方のご支援があってのものだと感じております。車両の完成がゴールではなく、大会での完走に向けた問題点の解決や各セッティングなども残っています。ここからがスタートラインという自覚を持ちながら今後も気を抜かず、車両の完成度を高めて参ります。

今後とも弊チームを何卒よろしくお願いいたしします。

※記念撮影のため、ポーズの際のみマスクを一度外し、沈黙にて撮影を行いました。

接地式を行いました

みなさん、こんにちは。

フレーム班3年の梶原です。

この度、チーム内の諸事情により、今年度分の投稿が大幅に遅れてしまいました。

誠に申し訳ございません。

今後は更新ペースを上げていくので、ご愛読のほどよろしくお願いいたします。

 

本題ですが、4月17日に接地式を行いました。
接地式では、お世話になっている先生方に、私達が製作した車両が接地する瞬間を見ていただきました。

今年は、フレームの製作し直しや活動時間、人数の制限などがあり、車両を接地させる状態に持っていくまでに例年の何倍もの時間がかかってしまいました。
長い製作期間の中で様々なことがありましたが、スポンサー様方のご支援もあり、無事に車両を自立させることができました。

現在はシェイクダウンに向けて車両を製作しております。加工ミスの発覚など、問題が起きては解決しての毎日ですが、着々と車両が完成に近づいています。
活動できる貴重な時間を無駄にしないよう、一人一人が今自分に出来ることを考え活動して参ります。

今後とも弊チームをよろしくお願いいたします。

 

 

2019年度のチーム総括

2019年度チームリーダーを務めさせていただいた戸松です。

 

2019年度は昨年度に引き続き、軽量化を行いました。

昨年度は、大幅な軽量化が望めましたが、

2019年度は部品を締結する部品にまで軽量化を行いましたが、

目標重量に達成することができませんでした。

また、昨年度は全種目完遂・完走を達成することができなかったため、

全種目完遂・完走、総合順位10位、コスト賞連覇を目標に活動して参りました。

 

リーダーとして未熟でありましたが、チームメンバーや

ご支援いただいた皆様方の支えのもと、

無事大会を乗り越えることができたと感じております。

深く感謝申し上げます。

 

大会では、全種目完遂・完走、プレゼン1位、コスト3位、総合21位を達成しました。

また、プレゼンテーション賞1位、コスト賞3位、日本自動車会会長賞、

日本自動車部品工業会会長賞の4つの賞をいただくことができました。

 

この結果は、先輩方の積み重ねてきた

があったからだということを忘れずに

今後も活動していきたいと思います。

 

最後に、私たちを支えてくださいましたスポンサー様方、

FAの先生方、大学関係者の方々、先輩方、チームメンバーの保護者の方々、

本当にありがとうございます。

 

来年度も、日本工業大学学生フォーミュラチームを

何卒よろしくお願い申し上げます。