第20回 学生フォーミュラ日本大会 動的審査4日目 5日目

皆さんこんにちは。

チームリーダーの重山です。

大会4日目についてご報告させていただきます。

大会3日目の更新にも書かせていただきましたが、アクセラレーション、スキッドパッド、オートクロスを終え、エンデュランスのランオーダーが5日目の午前8時からなので、大会4日目は車両の最終調整、写真撮影、他大学のエンデュランス見学となりました。
エンデュランスを走るドライバーは明日の走行に向けて、熱心に他大学のエンデュランス種目を見学していました。ピットでは、全員がボルト締結のチェックラインがずれていないか、各部品に異常はないか念入りにチェックを行いました。

大会5日目は最終種目エンデュランスです。
1stドライバーの西川は初めてエンデュランスを走りました。
出走前はかなり緊張していましたが、パイロンタッチなしの安定した走りで確実に周回を重ね、10周問題なく走り切りました。
ドライバー交代を経て2ndドライバーの小花に交代しました。小花はエンデュランスを走るのが3回目ということでチーム内ではエンデュランスのコースを誰よりも熟知しています。車両性能をうまく引き出し、かなり速いタイムで10周走り切ってくれました。終わってみると2ndドライバーの小花が記録した最速タイムは1“05.705で全体6位の記録でした。
エンデュランス種目で完走を果たすことができ、チーム一同大変嬉しく思っております。

今回の大会結果は、
静的審査
デザイン      21位
コスト         5位
プレゼンテーション   9位

動的審査
アクセラレーション 10位
スキッドパッド     7位
オートクロス       13位
エンデュランス     4位
効率          3位
総合          5位

という結果になりました。

また、特別賞として
静岡県知事賞
日本自動車工業会会長賞
を受賞いたしました。

総合5位は弊チームが2010年に大会に出場して以降、最高順位という結果です。
最高順位を獲得できた一方で、静的審査での書類の遅延提出や動的審査でもパイロンタッチなど、課題もまだまだあるのが弊チームの現状です。また、チームメンバー同士での情報共有やチームマネジメントの面でも課題がたくさん残っております。来年は課題を改善・克服し、さらに良い結果が残せるよう、精進してまいります。

今後とも弊チームをよろしくお願いいたします。

第20回 学生フォーミュラ日本大会 動的審査3日目

こんにちは

 

サスペンション班3年の丸山です。

 

3日目から動的審査が始まり、この日行われたオートクロス、スキッドパッド、アクセラレーションの3種目に参加しました。

 

朝は雨が降っており、午前のオートクロス、スキッドパッド、アクセラレーションはウェットコンディションでした。

最初にオートクロスに参加し、ベテランドライバーの小花がトライしました。最初の1本では、序盤にスピンをしてしまい、チームメンバーも冷や汗をかきましたが、2本目は丁寧な走りを見せ、この時点で2位の記録を残しました。

 

この後プラクティスを挟み、アクセラレーション、スキッドパッドに私、丸山がトライしました。

コースには大きな水溜まりができており、丁寧なアクセルワークが求められました。ウェットコンディションでの走行は初めてでしたが、しっかりと記録を残し、スキッドパッドでは、昼休みの時点で3位となりました。

 

午後からは路面が乾き、晴れ用のスリックタイヤで競技を行いました。他チームの記録も路面が乾くにつれて上がりましたが、弊チームも各審査で午前中の記録を上回り、最終的にアクセラレーション10位、スキッドパッド10位、オートクロス13位でした。

 

また、エンデュランスのランオーダーはグループA、10日の8時からになりました。

明日はひとまず車両のチェックと、見学になるかと思います。

大変恐縮ではございますが、引き続き応援よろしくお願いいたします。

 

第20回 学生フォーミュラ日本大会 動的審査1日目、2日目

こんにちは。
サブリーダーの梶原です。

9月6日から第20回学生フォーミュラ日本大会の動的審査に参加しています。

今年度の目標総合順位は14位で全動的種目完走を目指します。

1日目は技術車検を行いました。
車検では、ハーネスとシートの干渉、フロントカウルのノーズR、ファイヤーウォールとヘルメットの干渉の指摘を受けました。その他にも未確認項目が複数ありました。
初日は指摘箇所の修正をして終わりました。

2日目は、車検の指摘箇所の修正の続きから始まりました。
修正が終わり再車検の予約をして、ドライバーテストを行いました。ドライバー6名全員、合格することができました。その後の再車検も合格することができ、そのまま重量・チルトに進みました。
ブレーキテストは1回で合格することができ、全ての車検ステッカーを揃えることができました。

明日はオートクロス、アクセラレーション、スキッドパッドがあります。
予測していないことがたくさん起こると思いますが、チーム一丸となって全動的種目完走に向けて頑張ります。

第17回全日本学生フォーミュラ選手権大会 5日目

皆さんこんにちは。

パワートレイン班3年の小花です。

 

大会経過が長らく途絶えてしまい、誠に申し訳ございません。

本日は大会5日目の授賞式の様子について、ご報告させていただきます。

 

先月の更新でもご報告させていただいた通り、大会4日目に

エンデュランス種目にて無事完走を果たしました。

5日目の午前は他大学さんとの交流や、新1年生は新年度車両へ向けた勉強時間でした。

午後に車両やテントを全て片付け、授賞式が開催されるアリーナへ向かいました。

授賞式では序盤、ホール内に緊張感が漂っていましたが、

上位常連チームの受賞から歓声とともに明るい授賞式となっていきました。

弊チームは

・コスト賞       3位

・プレゼンテーション賞 1位

・日本自動車部品工業会会長賞 (完走したチームの中で、コスト、プレゼン審査や軽量化ポイントの評価が最も高かったチーム)

・完走賞

を受賞いたしました。

各担当の3人は表彰台へ登壇することが初めてだったため、全参加チームを前に緊張してしまう面もありましたが、受賞された瞬間は嬉しさでいっぱいでした!

総合順位は21位となりましたが、モノづくりとして誇れる賞をいただいたことで、チーム一同1年間の成果を感じました。

今年度はスポンサー様方や、差し入れやご教授してくださったOB・OGや先生方のお力添えを頂いてこそ、全種目完遂・完走できました。

これらの結果をチームのモチベーションとし、現在は新年度車両の設計に励んでおります。今後も大会での完走を目指して、誠意車両製作に努めて参ります。

ご精読いただき誠にありがとうございました。

大変恐縮ではございますが、今後とも弊チームをよろしくお願いいたします。

第17回全日本学生フォーミュラ選手権大会 4日目

皆さん,こんにちはサブリーダーの川島です.
大会4日目を無事に終えることができました.
4日目の報告をさせていただきます.

先日から天気が危ぶまれていましたが,
嫌な予感が的中し,早朝から激しい豪雨に見舞われました.
この影響で全体のスケジュールが1時間遅れ,コースの路面も
所々で大きな水溜まりができていました.

9時から昨日発表されたランオーダー順にエンデュランスが始まりました.
雨は止んでいたものの,走行車は軒並み路面の水溜まりによって
大きな水飛沫をあげていました.
しかし以降,雨は降らず運の良いことに路面の水溜まりを少なくなっていきました.
路面状況がウェットであったため,レインタイヤで挑むことになりましたが,
比較的良い環境化でエンデュランスに臨むことができました.

1stドライバーの2年朝香は確実に車両をピットに還すことを第一に
丁寧かつ慎重に辛抱強くラップを刻んでいってくれました.
時折,ブルーフラッグにより後続車の追い越しがありましたが,
落ち着いて対処してくれました.

2ndドライバーの3年小花は路面が悪い中,快調な走りをみせてくれました.
ラップタイムも速いかつ安定しており,車両の性能をうまく引き出し
走り切ってくれました.

最終ラップに例年恒例のピンクのチームTシャツを振りドライバーに
合図を送り,メンバー皆が見守るなか無事完走を果たすことができました.
そして,騒音テストも無事に合格することができ,
ペナルティなしで全種目完走することができました.

1年間完走を第一に活動して参りました.
その思いが実り大変喜ばしく思っております.
最後に,ご支援・ご声援くださりました皆様に
改めて深く感謝申し上げます.ありがとうございます.